道楽

Just another WordPress site

未分類

大和たけのこ

大学の道は、明徳を明らかにするにあり、民を親しむに在り、至善に止どまるに在り。

止どまるを知りてのち定まる有り。定まって后能く静かなり。静かにして后く安し。安くして后能く慮るおもんばか。慮りて后能く得。

物に本末有り。事に終始有り。先後する所を知れば、即ち道に近し。

古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ず其の國を治む。
其の國を治めんと欲する者は、先ず其の家をととのう。
其の家を斉えんと欲する者は、先ず其の身を修む。
其の身を修めんと欲する者は、先ず其の心を正しうす。
其の心を正しくせんと欲する者は、先ず其のこころばせを誠にす。
其の意を誠にせんと欲する者は、先ず其の知を致す。
知を致すは、物をただすに在り。

物格ものをただして后知至る。知至って后こころばせ誠なり。意誠にして后心正し。心正して后身修まる。身修まりて后家斉う。家斉いて后國治まる。國治まって后天下平らかなり。

天子自り以って庶人に至るまで、いつに是れ皆身を修むるを以ってもとと為す。

其の本乱れて末治まる者はあらず。
其の厚くする所の者を薄くして、其の薄くする所の者厚くするは、未だ之れ有らざるなり。

康誥こうこうに曰わく、く徳を明らかにすと。

大甲たいこうに曰わく、の天の明命めいめいかえりみると。

帝典ていてんに曰わく、克く峻徳しゅんとくを明らかにすと。

皆、自ら明らかにするなり。

湯の盤とうのばんの銘に曰わく、まことに日に新た日々に新たに、又日に新たならんと。

康誥に曰わく、新たにする民をおこすと。

詩に曰わく、周は旧邦なりと雖もいえども、其の命れ新たなりと。

是の故に、君子は其の極を用いざる所無し。

詩に曰わく、邦畿ほうき千里、れ民の止まる所と。

詩に曰わく、緡蠻あんばんたる黄鳥丘隅おうちょうきゅうぐうに止まると。子のたまわく、止まるに於いて其の止まる所を知る。人を以って鳥にかざるべけんや。

詩に曰わく、穆穆ぼくぼくたる文王、於緝煕ああしゅうきにして敬止けいしすと。人君とりては仁に止まり、人臣と爲りては敬に止まり、人子と爲りては考に止まり、人父じんぷと爲りてはに止まり。國人こくじんと交わりては信に止まる。

詩に云わく、彼のいくれば、菉竹猗猗りょくちくいいたり。たる君子有り、切するが如くするが如く、たくするが如く麿するが如し。しつたりかんたり、かくたりけんたり。たる君子有り、ついわするべからずと。切するが如くするが如しとは、學をうなり。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

集合場所