道楽

Just another WordPress site

世話人

道頓 かぶきち

「道頓このキャラクターかぶきち」は、一般社団法人道頓堀Web-TV研究所(以下、Web-TV研究所という。)のキャラクターですが、その内の竹箒を持った「道頓かぶきち」を、私たち「道頓堀を楽しく掃除する会」のキャラクターとして使用させていただいております。

道頓堀の伝承によれば、江戸時代に淡路島の芝居好きの八兵衛狸(柴右衛門狸)が武士の姿に化け道頓堀に来て芝居を楽しんでいたが、タヌキであることがバ レて犬にかみ殺されてしまった。以来、小屋の客は激減。コトのてん末を知った初代片岡仁左衛門がたぬきを供養する社を建てたところ盛況を取り戻したよう だ。近年では藤山寛美さんを始め、松本幸四郎さんや星由里子さんら常連の役者さんは、公演の前に必ず芝居の安全と成功を祈願されてきました。下記の写真は 中座閉館まで祀られていた八兵衛大明神の社ですが、閉館に伴い八兵衛大明神は故郷とされている淡路島の洲本市に里帰りされました。しかし、今でも中座くい だおれビルの地下2階に中座の八兵衛狸「柴右衛門大明神」として祀られた祠があります。

「道頓かぶきち」は、ご先祖様のルーツをたどり、忘れられようとしている道頓堀に沢山の芝居小屋や芝居茶屋があった時代を思い起こさせることにより、新 たな道頓堀のあり方を追求し発展に寄与するためにやってきたという設定でWeb-TV研究所のキャラクターとして平成24年11月に「道頓かぶきち」が登 場しました。今は、道楽の仲間と一緒になって道頓堀の美化に頑張っていますが、これからいろいろな場面で登場してくることになるでしょう。 以上は、道頓堀商店会とWeb-TV研究所の両者で発行された印刷物と平成11年10月31日付の新聞の記事を参照させていただきました。”

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

集合場所